10月, 2013

now browsing by month

 

ヨガのデトックス効果

yoga2

内蔵が刺激される事で体内の血流が良くなり、
体中に酸素が行き渡ります。

そして汗と一緒に老廃物が流れ出ます。
これは生き生きとした素肌に生まれ変わる、
すなわちアンチエイジングや美肌効果をもたらします。

体の毒素とは老廃物いわゆる物理的な物ばかりではありません。
体にとってマイナスである悩みやストレスなどといった事も排出できるのがヨガでもあります。

ヨガのポーズをとりながら少しの瞑想にふける事で
それまで悩んでいた事が小さく感じたり、
考えがプラスの方向に向かう事もあります。

素肌だけではなく、その内側からキレイになれる方法でもあるそうです。

外見だけでなく中から美しくしてくれるヨガ。
だから、ヨガをずっと続けていく人がたくさんいるんですね(^L^)

ヨガで体の歪みを修正

yoga3

様々なポーズにより自分の体の歪みを把握、
修正する事ができます。

背骨や骨盤の歪みはもちろんですが、デスクワークなどで
蓄積された肩こりや腰痛で悩んでいる方にもとてもお勧めです。

背筋を真っ直ぐ伸ばし、両腕を上に上げるポーズは肩の凝りをほぐし、
腰をひねるポーズは腰痛に効果的です。

それから日常生活の中で無意識に行っている行為、
足を組む事やカバンを肩からかける事、
食事の時に片方の歯だけで噛む事なども体の歪みの原因となります。

これらのわずかな歪みの修正にも大きな役目を果たしてくれるみたいです♪

アタイのお友達も、ヨガをやり始めて、
肩こりが治ったとか、背が伸びたとかいろいろと聞きますね(^ー^)

アタイの背も伸びればよいのになぁ~♪

インド人の気持ちになって・・・・

ヨガ

ヨガに行ってきました。

ヨガのダイエット効果

体全体のインナーマッスル(内側の筋肉)が鍛えられます。

日常では使わない筋肉を刺激し、
基礎代謝を上げる事で今までと同じ生活をしていても
消費カロリーが多くなります。
これはつまり太りにくい体質へと導いてくれます。

このインナーマッスルはダイエットには欠かせない筋肉です。
ヨガにはたくさんのポーズがありますので、
二の腕やお腹周りなど集中的に痩せたい部分を刺激する事も十分可能なのです。

ヨガダイエットという言葉が生まれたように、ヨガ=ダイエットは
今や常識という程定着してきていますよね。

激しい動作が一切ありませんので、
運動が苦手な方にも気軽に取り入れられる事も人気のひとつみたいですよね。

しかし、激しい動作が無いというのは・・・・。
アタイにとっては結構、おキツイ体勢のように感じられまする(^^;)

オリゴ糖を使ったレシピ

ブルガリア

オリゴ糖は適度の甘みがあり、砂糖の代わりに使用できる甘味料として
知られていることから、オリゴ糖を使ったレシピが沢山あります。

料理やお菓子作りに活躍してくれるオリゴ糖と、そのレシピをご紹介します。

まず、レシピをご紹介する前に、料理に使うオリゴ糖として
甘味度が砂糖の50%程度のものを選びましょう。

あまり、甘味度が低いと料理には不向きですし、
甘味度が60%以上では多少甘く感じてしまいます。

但し、お菓子作りやお子様向けの料理を作る時には、
多少の甘さがあっても構いません。

また、料理全体を通じて、防腐剤の役割も果たし料理を長持ちさせる効果を持っている
イソマルトオリゴ糖がオススメです。

オリゴ糖を使った簡単レシピの代表として挙げられるのが、飲み物に加える方法です。

例えば、コーヒー、ミルクティー、ホットミルクがオススメです。

特に、オリゴ糖は加熱に強いので、冬場に暖かい飲み物を飲むならオリゴ糖が最適です。

また、牛乳が嫌いな方の場合、牛乳・オリゴ糖・イチゴなどの果物をミキサーにかけてみて下さい。

とても甘いイチゴミルク牛乳ができます。

夏場は、氷と一緒にミキサーにかけて、スムージーにしても美味しく頂けます。

また、毎日食べるご飯にオリゴ糖を混ぜるのもオススメです。

炊飯器に研いだお米3合と、オリゴ糖10gを混ぜて炊くだけです。

お米のつやが良くなり、ふっくらと仕上がります。

もちろん、オリゴ糖の効果はそのままなので、とても簡単にオリゴ糖を摂取できるそうです。

使い方もいろいろなオリゴ糖様様ですな(^ー^)

なんだかんだ言っても、アタイは、ヨーグルトにかけるのが一番好きです(^・^)

オリゴ糖の特徴と働きは?

コーヒーオリゴ

しつこいですが・・・・・・・・・。

オリゴ糖は、その種類によって様々な特徴と働きがあります。

オリゴ糖は、腸内細菌を活性化させるだけでなく、ビフィズス菌の栄養源となって増殖を促します。

また、虫歯の原因となる砂糖に代わって、低カロリーでほどほどの甘味度があることから、
砂糖の代用品として用いられます。

実は、ビフィズス菌を増やすオリゴ糖の研究は、母乳から生まれたものです。

母乳を飲んでいる赤ちゃんの腸には沢山のビフィズス菌がいます。

その要因を探る上で、粉ミルクで育った赤ちゃんと母乳で育った赤ちゃんを比較しました。

その結果、粉ミルクで育った赤ちゃんの腸内には大腸菌が多く存在することが分かり、
下痢などの病気になりやすいことが分かりました。

この結果を受けて、ビフィズス菌を増やす成分がオリゴ糖であることが分かり、注目を浴びるようになりました。

オリゴ糖がビフィズス菌を増やすだけなく、カルシウムの吸収効率を高めたり、
便を軟化させることで便通を改善する働きがあります。

さらに、コーヒー豆から抽出したコーヒー豆オリゴ糖は脂肪を燃焼させる効果を持っており、
ダイエットにも有効であることが認められています。

オリゴ糖の種類によって、様々な働きがありますので、
使用する際にはその機能と働きを知っておけばオリゴ糖本来の効果を実感することができます。

普段の食事から摂取できる上に、様々なメリットがあるオリゴ糖を上手く摂取して、
健康で理想的な体を手に入れてみましょう。

オリゴ糖と一言で言っても、色々な種類があるんですね(^ー^)

しかし、オリゴ糖、すばらし!!

弱った腸への救世主!

オリゴ糖

私たちの健康や美容を維持するために腸を元気にすることが重要ですね。
その腸を健全に保ち腸に活力を与えてくれる救世主が「オリゴ糖」なんです。

腸には無数の細菌が生息しており、腸を元気にしてくれる菌を善玉菌、
逆に有毒ガスを排出し腸の機能を弱らせる菌を悪玉菌が存在します。

この二つの菌は常に腸内で勢力争いをしています。

腸内を善玉菌優位の環境に維持することが腸を元気にする秘訣だといえるのです。

そして、オリゴ糖は、腸内環境を活性化させてくれる善玉菌を栄養素となることで腸を元気にしてくれます。

また、善玉菌がオリゴ糖を分解すると酢酸や乳酸などの酸が発生し、
酸性に弱い悪玉菌が繁殖しにくい腸内環境を作り上げます。

同時に腸内で発生した酸は、腸に刺激を与え腸のぜんどう運動を活性化させ
便の排出を促します。

オリゴ糖を3g程度2週間程度摂取すると腸内の善玉菌が
数倍になるという実験結果まであるのです。

オリゴ糖は腸ないのアンパンマンですね()^O^()

汚れた腸が病気をつくるんです。

近年、予防医学やアンチエンジングの観点から腸のはたらきが見直されていますね。

腸は、栄養を消化吸収し全身に栄養を送り出し、また体にいらなくなった不純物を
体外に排出する重要な役割を果たしています。

健康や美容を保つためには必要な栄養を各細胞に行き渡らせると同時に体内の老廃物や不純物を
スムーズに体外に排出することが重要です。

逆に腸が汚れ、その働きが弱ると、栄養をうまく体に送り届けられないばかりか
腸内の汚染物質を体中にばらまいてしまいます。

さらに腸の働きが弱ると便秘などを引き起こしさらに体内に毒素を蓄積させてしまいます。

また、人間の免疫系システムの大半は腸に存在しています!

そのことから「腸は第二の脳」言われているのです。

しかし、腸の機能が弱ることで人間の免疫力が落ち病気や老化に負けやすい体になってしまうのです。

「汚れた腸が病気をつくる」

といわれているくらい腸は大事な器官なのです。

元気な腸を維持するためにしっかりとした対策を取りたいところですよね(^8^)

オリゴ糖の効果。デトックスしちゃおう!

オリゴ糖

現代は、生活が便利になった反面、生活習慣病や成人病など
さまざまな病気を私たちに引き起こしやすい環境になっているといわれています。

食生活、生活習慣の乱れ、便秘、強いストレス・・・・

これらは、私たちの体に毒素を生成し、さまざまな病気や体調不良を引き起こします。
体にたまった毒素は活性酸素を生み出し、私たちの体を攻撃します。

その結果、重大な病気を引き起こしたり、肌トラブル、老化など私たちの美容にも悪い影響を与えてしまします。

とくに便秘は体に毒素を貯め込み、体中に毒素をめぐらせてしまいます。
便秘ぎみの方は、しっかり対策して少しでも早く便秘を解消したいところです。

そんな現代人の特効薬として、オリゴ糖が注目されています。
オリゴ糖は便秘解消効果が高いとして有名ですが、それだけはありません!

オリゴ糖はデトックス効果(毒だし)にすぐれた食品として注目を浴び病気を未然に予防し、
若々しさや美しさを保ってくれる成分なんですよね。

腸のバランスが整うことによる効果

サラシア

サラシア糖は、ビフィズス菌、オリゴ糖に比べて5~10倍の整腸効果!!

腸内環境を改善する効果が高いとしてよく知られているものに
ビフィズス菌とオリゴ糖があります。

サラシアは、ビフィズス菌やオリゴ糖に比べて、5~10倍もの優れた腸内環境改善作用があることが、
富士フイルムの実験で実証されているそうです。

サラシアを1週間摂取することで、代表的な善玉菌であるビフィズスが約4倍に増加し、
代表的な悪玉菌であるクロストリジウムが約1/4まで減少していることが確認されました。

サラシア摂取前では悪玉菌の量が善玉菌の量より多かったのが、
摂取1週間目で既に量のバランスが逆転し、4週目では善玉菌が4.5倍に増えています。

これまで腸内環境の改善が報告されているビフィズス菌やオリゴ糖の摂取と比べても、
サラシアは効果および即効性の点で非常に優れていることがわかりました。

ヨーグルトやサプリメントなどによって体外から直接摂取するビフィズス菌やオリゴ糖と違い、
サラシアは食事に含まれている糖類、炭水化物を原料にして体内でオリゴ糖を生成し、
それぞれの人の腸内に常住している善玉菌を活性化するという点に大きな特徴があります。

体外から菌を取り込むのではないので、その人が本来持っている、
自分の体に最も適した善玉菌が増えるということもポイントみたいです。

しかし!!

一般人にはやっぱり、乳酸菌とオリゴ糖のコラボがお手ごろで、
摂取しやすいのは否めないですよね~(^T^)

全ては腸の中で決まる!!

ネオエンザイム

すべての栄養は酵素によって腸から吸収されます。

その腸内の酵素の働きが悪いと吸収する栄養バランスが悪く、
偏った栄養状態になってしまいがちです。

どんなに栄養価の高い食品を摂っても酵素不足で腸の働きが正常でなければ、
その力は100%発揮できません。

逆にその腸の働き次第で体の不調や、病気の原因になる可能性があります。

特に腸内に宿便が溜まった状態でダイエットをすると体の調子を崩すことにもなりかねません。

宿便があると無いとでは、ダイエット効果や目標達成の速度もまったく変わってきます。

まず、酵素を十分取り入れることで、消化・吸収・排泄が正常化し、
宿便と取り除き、腸内活動を活性化させます。その結果が太りにくい体へと導いてくれるのです。

あなたも理想の美しく健康なダイエットの第一歩を踏み出してみてはいかがでしょう。

食べ過ぎや太り過ぎは・生活習慣病の引き金となって美容や健康に大きな影響を与えています。

ネオエンザイム・酵素ダイエットは、その原因となっている食べ過ぎを
調整する現代人の美容・健康維持にもってこいの方法です。

ダイエットで、不規則な節食や減食を続けていると、必要な栄養素が不足したり、
なんとなくいつも欲求不満になってストレスが溜まってしまいがちです。

そこで、身体の内側からキレイに、ダイエットできるのがネオエンザイムによる酵素ダイエットです。
健康で美しい“健康美”を完成させてください。

しかし、ネオエンなんたらとかいうサプリを飲むよりも、
毎日の食生活でどうにかしたいものですね(^。^)