11月, 2013

now browsing by month

 

ホットペッパー

唐辛子

カプサイシンはダイエット効果と
育毛効果が見込めることに注目が集まりがちですが、
健康と美容に関しまして、他にも優れた効果を発揮します。

1つ目には、健胃効果があげられます。

年齢とともに胃粘液は減少するといわれていますが、
カプサイシンは胃の粘膜にある受容体を刺激する働きがあります。

そのため、胃もたれや胃痛を防ぎ、丈夫な胃を維持できるのです。

2つ目に免疫力を向上させます。

カプサイシンには、強力な殺菌作用があり、
加齢やストレスにより低下した免疫力を守るために、細菌の侵入や繁殖を予防します。

その結果、免疫力がアップしますと、病気を未然に防ぐことが可能になります。

3つ目に冷え性の改善ができます。

カプサイシンを摂取しますと、体の至るところにある末梢神経が刺激され、体温が上昇します。
そうしますと血液の流れがスムーズになりますので、冷え性などの症状が緩和します。

血行の改善は冷え性のみならず、肩こりや腰痛の症状も軽減させるでしょう。

4つ目にデトックス効果が期待できます。

カプサイシンによりまして、アドレナリンが放出されますと、発汗作用が強くなります。
発汗作用が強くなりますと汗をかきやすくなり、
体内にある余分な水分や老廃物も排出しますので、肌荒れやむくみを解消します。

このような効果があるようですが、
きっと摂取のしすぎには注意ですよね(笑)

アタイ思うのですが、韓国の人たちのお肌が綺麗なのは
カプサイシン効果のおかげなのでしょうかね?(・。・)?

またしてもインド人!?

インド人女性

アーユルベーダ(アーユルヴェーダ)の現状

アーユルヴェーダは5000年以上もの昔から
人々の生活に密着し、伝承されてきた健康医学です。

ところが、19世紀半ばから約100年間続いたイギリス植民地時代、
アーユルヴェーダは抑圧され、代わりに西洋医学が取り入れられるようになると、
次第に影の薄い存在となってしまいました。

しかし、1947年にインドが独立すると、
アーユルヴェーダは再び人々の生活に戻ってきました。

1977年には、世界保健機構(WHO)にも予防健康医学として認められ、
信頼の置ける自然療法として、世界中から注目を集めるようになりました。

現在では日本各地にも、大学医学部をはじめとして、
普及、教育、研究のための機関が設置され、
人々の健康に徐々に貢献し始めているそうです。

インドでは、アーユルベーダが医療行為として、
お医者さんが診察するみたいですね。

しかし、またしてもインド。。。

インド人の歴史って計り知れないですね(^ー^*)
プログを書くと勉強になりますね♪

総合診療かも!?

アーユルハーブ

アーユルベーダ(アーユルヴェーダ)の診断法

・ 脈診
・ 舌診
・ 虹彩診
・ 尿診

アーユルベーダ(アーユルヴェーダ)の治療法

・浄化・解毒法:ハーブオイルのマッサージ後、
注腸、鼻洗浄などにより体内の有害なものを排泄させる。 →パンチャカルマ

・緩和法::ハーブ、ヨーガ体操、呼吸法、冥想法、日光浴、などにより、
ドーシャのバランスを取り戻させる。

・若返り・長寿法:ハーブ、ミネラル、ヨーガ、呼吸法などによる、健康増進、能力開発を行なう。

・精神衛生・心霊療法:心理的ストレスや誤った信念からの開放。
マントラや音療法、冥想法などにより心の振動を調整し、その人が本来持っている生命力を発現させる。

なんだか、エステをイメージしていたアーユルベーダですが、
結構医療的なことをしていることに気がつきましたよ(^ー^)

一種の総合診療科のようですね♪

3種類のドーシャ

ドーシャ

各ドーシャの特徴

ヴァータの特徴

・ 細長の体形
・ 冷たく乾燥した皮膚
・ 活動的
・ 気分屋
・ 空想的
・ 神経質
・ 偏執的
・ 直感力

ピッタの特徴

・  筋肉質
・ 温かく、湿った皮膚
・ 批判的、短気
・ 情熱的
・ 規則正しい
・ 胃酸過多

カパの特徴

・ 肥満体形
・ 柔らかく油っぽい皮膚
・ ゆったりとした気分
・ 睡眠時間が長い
・ アレルギーになりやすい
・ 柔軟
・ 慎重

3つのドーシャのバランスが取れているとき、
本来の健康と活力が発揮され、
バランスが崩れたとき、
精神や体調の不調が起こるみたいです。

このバランスの崩れを診断し、食事、生活の仕方、
心構え、環境を調節することにより、
各ドーシャのバランスを再構築するのが
アーユルベーダ(アーユルヴェーダ)の治療の根本であるそうです。

このリストをみてセルフチェックしてみたのですが・・・・

アタイ結構乱れた女かも(笑)

アーユルベーダ?

アーユルベーダ

アーユルヴェーダ(アーユルベーダ)とは・・

癒しだけではない、WHOも認める予防健康医学だそうでうす!

アーユルベーダ(アーユルヴェーダ)とは、
約5千年前からインド地方で行なわれて来た伝承医学で、
「生命(Ayur)科学の知恵(veda)」という意味を持っているそうです。

日本では癒しや疲労回復を目的とした、
リラクゼーションセラピーの一種と考えられることが多いようですが、
世界保健機構(WHO)にも認められている、立派な予防健康医学でもあるみたいです。

この前テレビで見たのですが、
これまた、気持ちよさうなものから、

微妙に苦しそうなものまで(笑)
日本でイメージするリラックスに重きをおいた
もののみではなさそうですね(^^;)

アーユルヴェーダの考え方は
病の原因となるものを取り除き、
人間を構成しているものとされる、
肉体、精神、魂の調和を取ることで
健康を取り戻すと言う考えに基づく医術だそうな。

アーユルベーダ(アーユルヴェーダ)では、
それぞれの個人の体質をヴァータ、ピッタ、カパの
3種類の代謝型(ドーシャ)に分類されています。

ほとんどの人がこの3種類のドーシャの混合型に当てはまると言われています。

ヨガまとめ~

ハリウッドヨガ

ヨガのダイエット効果

体全体のインナーマッスルが鍛えられる。
基礎代謝を上げ太りにくい体質へと導く。
二の腕やお腹周りなど痩せたい部分を刺激する。

ヨガで体の歪みを修正

自分の体の歪みを把握、修正する事ができる。
背骨や骨盤の歪み肩こりや腰痛の方にお勧め。
背筋を伸ばし両腕を上に上げるポーズは肩の凝りをほぐす。
腰をひねるポーズは腰痛に効果的。

ヨガのデトックス効果

血流が良くなり体中に酸素が行き渡る。
アンチエイジングや美肌効果をもたらす。
悩みやストレスなどといった事も排出できる。

ヨガでリラックス・ストレス解消

無意識に行っている呼吸が体の調子に影響する。
深い呼吸をする事で精神が安定する。
お腹を膨らませながら息を吸い込み2倍の長さで息を吐く。
酸素がストレス解消にも効果をもたらしす。
お腹を大きく動かす事で便秘解消にも効果的。

ヨガで柔軟性の向上

体の軸を意識して筋肉をあらゆる方向へと伸ばす。
間接の周りの筋肉もほぐされ柔らかくなる。
怪我のリハビリにも効果的。

ヨガで有酸素運動

脂肪を燃やすためには有酸素運動が必要。
ヨガは脂肪燃焼にはとても優れている。
免疫力を高め生活習慣病の予防になる。

ヨガでホルモンバランスを整える

ヨガにはリンパ腺を刺激するポーズもある。
ホルモンバランスを整え冷え性などに効果がある。
不妊やうつ病更年期の不調などにも効果絶大。

盛りだくさんですね♪
芸能人やら、ハリウッドスターやら皆ヨガですよね。
そりゃあ、やっちゃいますよね(^ー^)
アタイも含め・・・・。

ヨガでホルモンバランスを整える

インドカレー

ヨガにはリンパ腺を刺激するポーズもあるそうな。

リンパの流れを良くし、ホルモンのバランスを整える事で
冷え性などに効果があります。

他にもホルモンバランスは不妊やうつ病、更年期の不調に大変影響があるそうです。

心と体のバランスを整える事は精神の安定だけではなく、
女性が抱えるデリケート悩みにも効果絶大といえるみたいです。

痩せて、外も、中も、心も安定とは、恐るべしヨガ!!
ヨガ発祥の地、インド人の偉大さを感じます(笑)

おまけに、カレーも旨いしね(笑)
カレーに代謝を良くする香辛料が入っているみたいだし。

ヨガやって、カレー食べて、インド人てもしかして、
おデブがいないかも!?

(・O・;)=3

ヨガで有酸素運動!

部屋トレ

心拍数を上げず
ゆったりとした呼吸で行う事で
有酸素運動の効果が得られます。

有酸素運動というのは名の通り呼吸をしながら
運動をする事です。

脂肪を燃やすためにはこの有酸素運動が必要です!

ヨガはゆっくり深く呼吸をしながら行いますので
脂肪燃焼にはとても優れています。

ダイエットはもちろん、
免疫力を高める効果があるので、
生活習慣病の予防にもなるそうな。

数ヶ月前からアタイ、部屋トレをはじめてみたんです。
部屋トレとは自分の部屋で筋肉トレーニング的な感じです。

部屋トレで綺麗な筋肉は形成されてきたのですが。。。。

痩せないんです(笑)

そこで、組み合わせたのがヨガ!

単にマラソン、ウォーキングなどの有酸素運動は
面白くない。
そして面倒。

やっぱり、家でできるヨガがアタイにはぴったりでした。

ヨガで柔軟性の向上

yoga1

体の柔軟性は人それぞれですよね。

アタイなんて硬くて硬くてダイアモンド・・・・。
とまでは行きませんが。

しかし、柔軟体操でもあるヨガを継続する事で
徐々にできなかった姿勢ができるようになったり、
それまでの姿勢が楽に感じたりするでしょう。

まず体の軸を意識して、筋肉をあらゆる方向へと伸ばします。

ポーズがしなやかで質のよい筋肉へと変えてゆきます。
同時に間接の周りの筋肉もほぐされ柔らかくなります。
怪我のリハビリにも効果的とかなんとか。

でも、ヨガっていざ!やるぞ!って意気込んでやろうとすると。。。。

ってなる人はテレビをみながらと
雑誌を見ながらとか、

ながらヨガをやるといいとおもいますよ!!

それでも、続けていることに意義あり!!

効果は必ずでてきますよ(^0^)

物臭なアタイには丁度ぴったりな方法です(笑)

ヨガでリラックス・ストレス解消

yoga4

ヨガでは呼吸も重要なんです。

日頃無意識に行っている呼吸が実は体の調子にはとても影響があるのです。
意識して深い呼吸をする事によって精神が安定し、自分と向き合い対話する事ができます。

ゆっくりとお腹を膨らませながら息を吸い込み、その2倍の長さで息を吐きます。
これは腹式呼吸といい、横隔膜が大きく上下しますのでたくさんの空気を肺に送り込むことができるそうです。

しかし、呼吸って意識してやってみると結構、難しいものですよね・・・。

酸素が体中にいきわたることでリラックスでき、ストレス解消にも効果をもたらします。
また、お腹を大きく動かす事は腸の刺激にもなるため、便秘解消にも効果的です。

ヨガには至る所に腸内環境に関わる動作があるんですね。

腸内環境大切大切(^m^)